ニキビの原因と種類

ニキビ
ニキビは本当に厄介な皮膚の病気です。
簡単に治るものもあれば、なかなか治らずに重症化してしまうこともしばしば。

・顔にニキビがあるだけで、外出するのも億劫になる
・治ったと思っても、また繰り返すニキビ
・化粧のノリが良くない
・ニキビが痛くてヒゲがそれない
など日々の生活にも大きく関係しますよね。

ニキビは身近な病気ですが、原因を知っている人は少ないのではないでしょうか。
意外にもニキビの原因はさまざま。
なんと種類は4つに分けられているんです。

このサイトではニキビの症状やニキビ治療薬の選び方を紹介していこうと思います。
ニキビの原因や自分のニキビはどの症状なのかを知ることが適切な治療の始まりなのです。

ニキビの原因とは?

ニキビができる原因として、ホルモンや皮脂の分泌、毛穴のつまりやアクネ菌の増殖が挙げられます。

【ニキビの主な原因】
・皮脂の分泌
・毛穴のつまり
・アクネ菌の増加

皮脂が多く分泌される、毛穴が詰まってしまうなどの状態をコメド(面ぽう)と言います。
ニキビの初期症状で、白ニキビや黒ニキビとも呼ばれています。

コメドの中はニキビの原因菌であるアクネ菌が増殖しやすい環境になっており、どんどん増え続けてしまうのです。

アクネ菌が増えすぎてしまうと、免疫が働きだし炎症が起きます。
毛穴が炎症を起こし始めると、ニキビは赤く大きく腫れてしまうのです。

皮脂の分泌

ストレスを受けてしまうと、ホルモンのバランスが崩れてしまいます。
ホルモンバランスが崩れると、皮脂の分泌を促す男性ホルモンが大量に増加。
皮脂が過剰に放出されることで肌の環境が悪化し、ニキビが怒る原因になってしまいます。

ニキビ予防にはストレスを溜めないことを意識し、定期的にストレスを発散しましょう。

毛穴のつまり

肌の細胞は、ターンオーバーと言われる周期があります。
一定周期ごとに肌が生まれ変わるため、古い角質は剥がれていきます。

肌のターンオーバーが乱れてしまうと、毛穴の出口の古い角質層が剥がれずに止まってしまいます。
毛穴の出口が塞がれてしまうため、アクネ菌の増殖が進んでしまうのです。

アクネ菌の増殖

実はアクネ菌は、誰でも持っている肌の常在菌です。
毛穴が詰まったり、皮脂が過剰分泌することでアクネ菌が増殖。
炎症が起きてしまい、ニキビができやすくなってしまいます。

炎症のないニキビ

ニキビの種類は状態によって大きく4種類に分けられます。
そのうち白ニキビと黒ニキビは初期症状のニキビです。

目に見えない程度ですが、毛穴の出口が狭くなっており皮脂が詰まりやすい状態です。
いわゆるコメド(面ぽう)の状態。
※コメドについてはこちらの記事で紹介しています。

毛穴が詰まり始めているので、触るとザラザラとした感触があります。
コメドをそのままにしていると、炎症を起こしたり化膿したりと症状が悪化していきます。

白ニキビ

白ニキビは、皮脂が肌に詰まった状態です。
ポツンとした小さな白い点に見えますが、目に見えにくく見逃してしまうこともあります。
皮膚の内側では脂腺性毛包と言われる毛穴にできます。
他の毛穴と比べ皮脂腺が大きくなっており、皮脂が出過ぎたり毛穴が詰まったりすると白ニキビの状態になるのです。

毛穴が広がっていくと共に、アクネ菌が増え始めてだんだんと大きくなってしまうのです。

黒ニキビ

黒ニキビは、白ニキビが大きくなった状態でニキビの第二段階と言えるでしょう。
メラニン色素や皮脂が酸化し、黒く見える状態です。
ホクロやシミに見えることもあるため、目についたり気になり始める人も多く出てきます。

炎症を起こしたニキビ

炎症を起こしたニキビは、白ニキビや黒ニキビの状態が悪化し毛穴の中でアクネ菌が増えている状態です。
赤ニキビや黄ニキビと言われ、治療薬がないと治りにくいほどニキビが悪化している状態です。
触ったり押したりすると、痛みを伴う場合もあります。

赤ニキビ

赤ニキビは白ニキビが悪化してしまい、炎症が起きた状態です。
毛穴の中では増殖したアクネ菌が活発的に活動をしています。
炎症を起こす原因の物質が、作られてしまうのです。

黄ニキビ

黄ニキビは、赤ニキビがさらに悪化した状態。
炎症が激しくなり、毛穴のてっぺんに黄色い膿が見えます。
皮膚の内側ではアクネ菌が作ったリパーゼという酵素が大量に存在。
薄くなってしまった毛包の壁を壊してしまい、炎症を起こす物質が一気に毛包の外へ放出されてしまいます。
結果、ニキビの炎症が周囲にも広がり、重症化が進んでしまうのです。
重症化してしまうと、ニキビ跡ができてしまいます。

ニキビ痕は治りづらい!

ニキビ治療
ニキビが気になって、自分で潰したり無理やり皮を剥いだりしたことはありませんか?
皮膚を傷つけてしまう行為なので、毛穴の周りの組織が破壊されてしまうこともあります。
肌が元に戻らず、ニキビ跡として一生残る可能性も。

・クレーターのようなニキビ跡
・表面が盛り上がったようなニキビ跡
・色素沈着してしまい、なかなか消えなくなったニキビ跡
ニキビ跡を元に戻すのは、簡単ではありません。
なかなか消えてくれないニキビ跡は、治療方法も異なり時間もお金もかかります。

ニキビが気になるのはわかりますが、自分で潰したりむやみに触ったりせずにニキビ治療薬に頼りましょう。

自分のニキビの症状にあった治療薬を選ぶことが、症状改善の近道です。
ニキビの原因や種類を知って、適切に治療を行いましょう。

Posted by minax


PAGE TOP