場所別!ニキビの予防方法

ニキビの場所
「ニキビが同じところにできる」
「体調が悪くなるとニキビがすぐにできる」
などニキビができる体の部分や体調などで悩んでいませんか?

肌の状態と体調は、密接な関係で繋がっています。
体の調子が悪くなると肌が荒れたり、ニキビができやすかったりと影響してしまうのです。

肌が荒れていたりニキビができる部分を重点的にケアするのではなく、体をケアすることも大切なのです。

今回は、ニキビがよくできる体のパーツ別に原因や予防方法を紹介します。

おでこや額

額やおでこって、テカりやすいと感じませんか?
実は皮脂の分泌量が多いため、ニキビができやすいのです。
思春期にニキビができやすい場所でもありますが、大人になってもできてしまうという人も多くいます。

思春期時代に額やおでこにニキビができやすかった人は、ホルモンのバランスが乱れて皮脂が過剰に分泌してしまうということが原因と言われています。

大人になってできるニキビは、シャンプーの洗い残しや生活習慣の乱れが原因になる場合があるのです。
また、ストレスによってホルモンバランスが乱れている場合でもできやすいと言われています。

【予防する方法|額やおでこ編】
・正しい洗顔を行う
・洗顔やシャンプーをしっかり洗い流す
・野菜中心の食事をとる
・睡眠時間を十分に確保する

眉間や眉毛

眉間やTゾーンは額と同じく皮脂の分泌量が多いのです。
さらに思春期ニキビもできやすく、悩まされた方は多いのではないでしょうか。
顔の中心近くに当たるため、ニキビが目立ってしまい触ってしまうことも多いでしょう。
前髪によって刺激を受けやすいため、ニキビが悪化することも少なくありません。

肝機能が低下している場合、眉間やTゾーン、眉毛にニキビができやすいと言われています。
日常的に晩酌をする人や、脂っこい食事が好きな人は食生活を見直してみましょう。

【予防する方法|Tゾーン・眉間・眉毛】
・ニキビができてもむやみに触らない
・ビタミン、ミネラルを多く含んだ食事をとる
・規則正しい生活習慣を意識する
・正しい洗顔を心がける

鼻にできたニキビ

鼻にできてしまったニキビは、炎症を起こしやすいと言われています。
・皮脂の分泌量が多い
・毛穴が深く皮脂がたまりやすい
などニキビができやすい状況が揃っているのです。

鼻にニキビができやすい人は、疲れやストレスが溜まっている可能性があります。
また、内臓が弱っている場合でもは何ニキビができやすくなると言われているのです。
暴飲暴食や便秘がニキビの原因になることもあるため、バランスの良い食生活を心がけましょう。

【予防する方法|鼻編】
・ホルモンバランスを整える
・十分な睡眠を取る
・バランスのいい食生活を心がける
・規則正しい生活習慣

頬にできたニキビ

頬は、顔の中でも皮脂の分泌が少ない部分。
しかし、頬にできるニキビで悩んでいる人は意外と多いのです。
・ホルモンバランスの乱れ
・肌のバリア機能の低下
・寝具が肌に合わない
・化粧品が肌に合わない
などの原因でできることがあります。
1番の原因はホルモンのバランスが乱れることによって、皮脂の分泌が多くなること。
また、消化器系や肝臓などの状態が悪い時にもできやすいと言えます。

【予防方法|頬編】
・生活習慣の見直し
・消化器官や肝臓への負担を減らす
・ストレスを発散させる
・寝具や化粧品の見直し
・化粧道具をこまめに洗い清潔にする

口周りや唇にできたニキビ

口周りにできるニキビは、一度できてしまうと繰り返しやすく治りが遅いため大きな悩みの原因になりかねません。
胃や腸が弱っている時にニキビが出やすいと言われ、ストレスの影響も受けやすいのです。
ホルモンのバランスの乱れも大きく関係し、冷え性や婦人科系の病気を持っている人はできやすいのです。

免疫力の低下によって体調不良を起こしたり、疲れやストレスが溜まっていたりすると出やすいと言われています。

【予防方法|口周り編】
・疲れやストレスを溜めない
・体を冷やさない(女性の場合)
・なるべく胃腸に負担をかけない

常服している薬がある場合は注意が必要です。

フェイスラインや顎にできたニキビ

顎にできるニキビは、繰り返すことが多いですよね。
それは原因が複数重なっていることがあるからなのです。
またターンオーバーが遅いため、ニキビができやすいのです。

原因を知って正しい治療や予防を行わないと治ったと思ってもまた再発してしまうことが多く、しつこいニキビができやすくなってしまいます。

フェイスラインや顎の部分はヒゲが生える部分でもありますよね。
男性ホルモンの影響を受けやすので、ホルモンバランスが乱れるとニキビができやすいのです。
ヒゲを剃った時に肌が傷ついてしまい、ニキビができる原因になることもあります。
日々の生活でストレスを溜め込んでしまっていたり、疲れがたまりやすかったりする人は睡眠時間をしっかりとることや規則正しい生活を心がけることが重要。

フェイスラインは乾燥しやすい部分です。
バリア機能が低下しやすくなっているため、あまり刺激を与えないようにしましょう。

【予防する方法|顎やフェイスライン編】
・ホルモンバランスを整えるために規則正しい生活を心がける
・化粧や洗顔料をしっかり落とす
・髪の毛が触れないようにする
・胃腸に負担をかけない生活習慣を心がける
・紫外線対策をする

背中にできたニキビ

肩甲骨周りは体の中で皮脂腺が多いと言われています。
皮脂の分泌が活発なので、ニキビができやすいのです。

自分で背中を見るのはなかなか難しいですよね。
発見が遅れてしまい、悪化してから気づくことが多いのです。
また顔に比べると肌が分厚く、一度ニキビができてしまうと治りにくいのです。

皮脂腺が多いため、毛穴に皮脂がたまりやすく細菌の増加もしやすいと言われています。
また服や汗で蒸れたりするため、肌環境も悪くニキビができやすい状態。

【予防する方法|背中編】
・生活習慣の見直し
・ストレスを溜め込まない日々の生活でストレスを溜め込んでしまっていたり、疲れがたまりやすかったりする人は睡眠時間をしっかりとることや規則正しい生活を心がけることが重要。・お風呂の際は背中を最後に洗う
・定期的に背中をチェックする

今回は場所別にニキビができると原因予防方法を紹介しました。
ニキビができる原因を知ることで、正しい予防法ができます。
また、ニキビの早期発見にも繋がるため、重症化を防ぐことができます。

Posted by minax


PAGE TOP