セルフケアでニキビを治そう

ニキビセルフケア
顔や背中にできるニキビって本当に嫌ですよね。
鏡で見るたびに気分が落ち込んだり、触るだけで痛かったりと良いことがありません。
「早くニキビを直したい」
「ニキビができないように予防する方法はないの?」
など考えているあなたへ。

日々の生活習慣に取り入れるだけで、ニキビの症状が改善したりニキビができにくくする方法を紹介します。

重症化してしまったニキビに対しては、有効性はないかもしれません。
しかし、実践することでこれからできるはずだったニキビを予防することができるのです。
今回はセルフケアでできるニキビの改善方法・予防方法を紹介します。

正しい洗顔方法

洗顔に正しい方法ってあるの?と思う方は多いはず。
石鹸や洗顔料で顔を洗えば良いだけじゃないの?と考えてしまいますよね?
しかし、あなたの洗顔方法は間違っているかもしれません。

洗顔する時は、顔の汚れを落とすことに集中しすぎていませんか?
確かにさっぱりと顔を洗うとすっきりします。
ですが大事なのは、
・優しく洗う
・保湿をする
この2点なんです。

肌に負担をかけずに優しく洗う

皮脂や汚れが顔についていると、もちろん肌環境が悪くなりニキビができやすくなってしまいます。
しかし必要以上に顔を洗ったりスクラブ洗顔でゴシゴシすると、肌へ大きく負担がかかってしまいます。

【正しい洗顔方法】
・洗顔をする際は、刺激の少ない成分が配合された洗顔料を選ぶ
・たっぷりと泡立てて、優しく洗う
・すすぐ際はぬるめのお湯で、髪の毛の生え際まで綺麗に洗い流す
・清潔なタオルで抑えるように水分をとる

メイクをした日は、クレンジング剤で汚れをしっかり落として洗顔を行いましょう。
ポイントは、洗顔をする前に手を洗うことです。
1日中いろいろなところを触る手には、ばい菌や汚れがたくさんついています。
顔を洗う前に手を綺麗にしましょう。

スキンケアは保湿重視

正しい洗顔を行なった後は、しっかり保湿することが重要です。
肌トラブルの原因のほとんどは、肌の乾燥によるものです。
乾燥によって肌のバリア機能が低下してしまうと、ニキビができやすい状態になってしまいます。
顔を洗った後は、すぐに保湿ケアを行いましょう。

ニキビ肌のスキンケアには、低刺激で油分が少ない商品を選ぶのも大切です。
ノンコメドジェニックテスト済みと書かれた商品は、ニキビになりにくい処方設計がされているためスキンケア商品を選ぶ際は記載があるかチェックしてみましょう。

メイクや紫外線対策

太陽
紫外線は肌にとって大敵です。
・肌の乾燥が進んで角質が悪化
・皮脂が酸化しニキビが悪化
など肌にとって良いことはありません。

夏になると紫外線対策として、毎日のように日焼け止めを塗りますよね。
日焼け止めの選び方を間違ってしまうと、ニキビや肌とらぶるの原因になりかねません。
肌には刺激の強い成分が入っていたり、落ちにくい日焼け止めが酸化してしまいニキビの原因になる可能性もあります。

日焼け止めを選ぶ時は、
・ノンケミカル処方
・紫外線吸収剤フリー
などの表記があるものを選びましょう。
洗顔料やボディソープで落とせる日焼け止めを選ぶのも大切です。

メイクをする人は、ファンデーションの選び方にも注意が必要です。
油分が多いクリームタイプのファンデーションは、毛穴を塞ぎやすくニキビのできやすい肌を作ってしまう可能性があります。

ファンデーションはパウダータイプがおすすめ。
ニキビが気になる場合は、コンシーラーで部分的にカバーするといいでしょう。

ニキビケアにオススメの食事&栄養素

毎日の食事にニキビへ効果のある食材を選ぶことで、内側からニキビケアができます。
肌を作るのに欠かせない栄養素をとる意識をすると、血行促進に繋がり肌荒れの解消をサポートしてくれます。

【健康的な肌に近く栄養素・食材】
タンパク質
魚、肉、卵、大豆製品、乳製品
ビタミンB2
納豆、卵、レバー、焼き海苔
ビタミンB6
カツオ、マグロ、鮭、バナナ、肉、にんにく
食物繊維
穀物、いも類、果物、きのこ類、豆類、野菜
ビタミンA
緑黄色野菜、チーズ、卵
ビタミンB1
玄米、胚芽米、豚肉、うなぎ、青のり、焼き海苔など
ビタミンC
赤ピーマン、ブロッコリー、キャベツなど

暴飲暴食や間食はできるだけ避けて、1日3食の食事の中から肌にいい栄養素を摂取しましょう。

適度な運動

ニキビに効果的なのは、適度な運動。
マラソンやスポーツなどの激しい運動ではなく、20〜30分ほどの軽い運動がおすすめです。
・ウォーキング
・ストレッチ
・ヨガ
・ダンス
などの有酸素運動を日々の生活に取り入れることで、肌のターンオーバーを正常へと導くことができます。

激しい運動をしてしまうと、ニキビの症状を悪化させてしまう恐れがあるため注意が必要です。

質のいい睡眠

お肌のゴールデンタイムという言葉を聞いたことはありませんか?
肌は眠っている間に細胞分裂を行い、新しい肌へと生まれ変わります。
綺麗な肌には、質のいい十分な睡眠が必要不可欠なのです。

眠りについてから約3時間の間に訪れるノンレム睡眠。
深い眠りについている時間帯のことをいい、成長ホルモンが多く分泌されるまさにお肌のゴールデンタイムですね。

途中で起きてしまうと十分な成長ホルモンが分泌されず、それが続いてしまうことで肌のターンオーバーが乱れてしまう可能性も。

質のいい睡眠を心がけることも、綺麗な肌への第一歩なのです。

ストレスを溜めない

ストレスはニキビの大敵です。
自分にあったストレス発散法で、ストレスを溜めすぎないようにしましょう。
・湯船につかり好きな匂いでリラックスする
・好きな歌や音楽を聞く
・友人や家族とおしゃべりする
・適度に運動をする
など日常生活でストレスを溜め込まない工夫を行いましょう。

ニキビができる原因はあなたの日々の生活生活に隠れているかもしれません。

・正しい洗顔
・肌を保湿する
・肌にいい食事
・質のいい睡眠
・適度な運動
・ストレスを溜めない

などを日常生活の中で心がけて、肌荒れ対策、ニキビの改善、ニキビ予防を行いましょう。

Posted by minax


PAGE TOP