重症ニキビに効く内服薬・トレティヴァ

トレティヴァは、皮膚科で処方されるアキュテインのジェネリック医薬品です。
皮脂の分泌を抑えて、ニキビの進行を抑制する内服薬です。

部分的に使用する外用薬と違って、飲むタイプの治療薬のため背中やお尻のニキビにも効果が出やすくなっています。
イギリスやアメリカの治療ガイドラインでは、高いレベルで推奨されている薬です。
全世界で30年以上も前から使用されている、有名なニキビ治療薬なのです。

今回は、アキュテインのジェネリック医薬品であるトレティヴァの紹介をします。

トレティヴァの効果

トレティヴァ
トレティヴァは、イソトレチノインを有効成分に持ったニキビ治療薬です。
アキュテインのジェネリック医薬品で、アメリカではニキビ治療の約6割以上で使用されています。

服用タイプのニキビ治療薬なので、外用薬では届きにくい背中やお尻など全身のニキビに体の内側から治療効果を発揮してくれます。

【トレティヴァの治療がオススメの方】
・重度のニキビ患者
・中程度のニキビ患者で、なんども症状が繰り返す方
・ニキビ跡ができやすい方
・ニキビのせいで精神的にストレスを抱えている方
・酒さ(丘疹膿疱型酒さ、鼻瘤)で困っている方
・18歳以上の方

ニキビは毛穴の中で原因菌が増殖することで起こります。
毛穴にある皮脂腺から皮脂が過剰に分泌されると、原因菌が皮脂を餌にして増殖。
原因菌が増えると、ニキビの症状が悪化し炎症したり膿をもってしまうのです。

トレティヴァは、皮脂腺の分泌を抑え細菌を抑制。
ニキビの原因菌の増殖を抑えることで、進行を抑えることができます。

皮膚細胞を正常化にする作用もあるため、ニキビができにくい肌へと導いてくれるのです。

トレティヴァの服用方法

【服用方法】
・1日1回、0.5〜1mgを食後に服用してください

アキュテインは、体重によって服用量が異なります。
体重が50kgの場合、1回の服用方法は25〜50mgです。

初めて服用する場合は、体重に関わらず20mgから服用することが推奨されています。
2〜3ヶ月後、40mgへ増量するか体重に合わせた量へと増やすこともあります。

1回で60mg以上の服用は、体重に関わらず禁止されています。
正しい服用方法を守ることで、副作用を避けることができ効果を実感できます。

1クール服用を続けても効果が出ない場合

トレティヴァは、1クール・4〜6ヵ月と定められています。
期間中は継続して服用することが推奨されています。
ほとんどの患者さんは、3〜4ヵ月ほどでニキビの改善がみられます。

1クールが終わってもニキビが改善されない場合は、2クール目の治療をする場合があります。
その場合は1クール目の終了後、最低でも2ヵ月の休薬期間が必要とされています。

トレティヴァの副作用

【主な副作用】
・皮膚症状(乾燥、かゆみ、日光過敏、赤み、ヒリヒリ感)
・爪へのダメージ
・口の乾燥
・鼻水
・ドライアイ、目の光線過敏
・髪が細くなる
・筋肉の痛み
・関節痛
・胃腸障害
・頭痛
・疲れ

上記以外の副作用として、肝障害、コレステロールの上昇、中性脂肪の上昇、貧血、薬剤アレルギー、横紋筋溶解症などが報告されています。

また重篤な副作用もあります。

【トレティヴァの重篤な副作用】
・胎児に対する催奇形性
・炎症性腸疾患(関係性は未だ不明)
・精神疾患(うつ病)

ご覧のように副作用が多いため、使用前・治療後1ヵ月目・その後は3ヵ月に1度採血が必要な治療薬です。

トレティヴァの併用禁忌・注意

【トレティヴァを服用できない方】
・妊娠中または授乳中の女性
・妊娠を考えている方
・小児(12歳以下)
骨の発達障害の可能性があるため、できれば13〜17歳は服用を避けましょう
・肝機能障害がある方
・中性脂肪やコレステロール値が高い方
・ビタミンA過剰症の方

現在、投薬治療中がある人は、トレティヴァを服用できない可能性があります。
一緒に服用すると危険な薬があるため注意してください。

【併用禁忌薬】
・テトラサイクリン系抗生物質
相互作用で骸骨内圧が上がる可能性があり、副作用で頭痛が強く出ることがある
・副腎皮質ステロイド剤
相互作用で骨が弱くなる可能性がある
※喘息治療の吸引ステロイド薬、アトピー性皮膚炎の外用ステロイド薬は併用しても問題ありません。
・フェニトイン
相互作用で骨が弱くなる可能性があります。
・ビタミンA
副作用全般を強くしてしまう可能性があります。

トレティヴァを服用する際は、必ず専門医に相談して服用しましょう。

アルコールと一緒に飲んでも大丈夫?

トレティヴァは、アルコールとの相互作用がないため薬を飲んだ後に飲酒しても構いません。
しかし薬を服用する際は、必ず水またはぬるま湯で服用してください。

トレティヴァを服用しながら、お酒を過剰に摂取してしまうと肝機能障害が怒りやすくなってしまいます。
トレティヴァを服用している期間中は、過度なアルコールの摂取は控えましょう。

今回は重症ニキビに有効なトレティヴァの紹介をしました。
なかなか治らないニキビや、繰り返すニキビでお困りの方は一度服用を考えてみてはいかがでしょうか。

Posted by minax


PAGE TOP